保険相談を行う時に知っておきたい知識と相手の見つけ方

幅広い提案力

新聞を読む男性

契約という縛り

保険相談を行ってくれるファイナンシャルプランナーの特徴として、必要な保険商品を見つけてきてくれて、最良の提案をしてくれるかどうかはどう考えても重要です。
そのなかで、特定の保険会社と契約しているファイナンシャルプランナーと、様々な会社の保険商品を提案できるファイナンシャルプランナーなら、後者のほうが頼りになるのはもちろんです。
ある程度自分で情報収集を行っていて、特定の会社の保険商品をさらに絞り込みたい、ということであれば契約という縛りのあるファイナンシャルプランナーのほうが、専門性が高いと予想出来て有用です。
ですが、保険相談を行って契約する商品を選ぼうとしている段階では、幅広い保険会社から商品を選びたいところです。
自分に必要な保険商品がわからないから質問をしようとしているのに、はじめから選択肢が狭い状況はどう考えてももったいない状況だといえます。
よって、契約という縛りから脱却している、独立性のあるファイナンシャルプランナーを選ぶことが望ましいです。

意識の問題も重要

ファイナンシャルプランナーも慈善事業ではなく一つのサービス提供者として保険相談を行っています。
ですから、顧客のためではなく自分のために紹介する保険を決めることもありえないことではありません。
つまり、迷える子羊を手のひらで転がすような、そんなファイナンシャルプランナーがいることも事実です。
それを考えると、保険相談を行う相手が仕事に対してどのような意識で取り組んでいるかも重要な問題です。
そこで、インターネットを活用しでファイナンシャルプランナーを探せるウェブサイトでは、紹介している専門家に対する監査を定期的に実行することで、自分の欲望を重視するようなことがないように管理しています。
自力で保険相談の相手を探すよりも、最初から専門のウェブサイトを利用すれば、信頼できる専門家を簡単に見つけてくれて、管理もされているという利点が生まれます。